Merengue Panic


フィードについて

QR code of RSS

ダンスフロアにおけるメレンゲよりも衰退の激しい RSS フィードですが、 本サイトでももれなく配信していますので、 更新情報のキャッチアップにぜひご利用ください。

https://merengue-panic.org/rss.xml


以下は「フィード」についてご存知ない方向けの技術的な紹介です。

フィードとは

フィードとはブログやニュースサイトなど、 頻繁に更新されるサイトの情報をひとつのファイルにまとめたものです。 これだけをチェックすればそのサイトの更新が行われたかどうかが分かるという仕組みです。 なお、RSS というのはフィードのフォーマット(規格)のひとつで、 文脈によってはほとんどフィードと同じ意味で使われることもあります。

参考: フィード - Wikipedia (外部リンク)

フィードの利用方法

RSS フィードを読むには一般にフィードリーダ(RSS リーダ)と呼ばれる仕組みを使います。 ブラウザの標準機能として実装されている場合もありますし、 アドオンとして追加できるブラウザもあります。 また、メールクライアントやテクストエディタには RSS リーダ機能を備えたものもあります。 もちろん、スタンドアローンの RSS リーダツールをインストールして読むこともできますし、 ウェブアプリケーションのサーヴィスを利用することもできます。 様々な実装があるので、 どこでもどんな端末でも利用できるのがフィードのメリットのひとつです。

各アプリケーションでの RSS リーダの有効化/使用方法はそれぞれのヘルプページなどをご参照ください。以下にいくつか本サイトのおすすめの RSS リーダと利用手順を挙げておきます。

Vivaldi の場合

ブラウザに Vivaldi をご利用の方は フィード | Vivaldi Browser Help (外部リンク)に記載の方法で RSS リーダが使えます。

Thunderbird の場合

メーラに Thunderbird をご利用の方は ニュースとブログのフィードを購読するには | Thunderbird ヘルプ (外部リンク)から使用方法が確認できます。

Emacs の場合

Emacs にお住まいの方は M-x newsticker-start としてから M-x newsticker-add-url を実行し、 https://merengue-panic.org/rss.xml を登録してください。

その他のフィードリーダ

その他のフィードリーダをお探しの場合は Wikipedia の記事 (外部リンク)が参考になるかもしれません。

フィードの利点

フィードの利用者はフィードリーダの機能を上手に使うことで、 ネット上のほとんどすべてのソース (ブログ・ニュース・動画・ポッドキャストなど) を一箇所にまとめて読むことができ、更新状況を把握することができます。 アグリゲータ機能のあるフィードリーダをつかえばウェブ中の情報を 自由にカスタマイズした方法で読むことができます。

また、フィードの場合、 SNS やまとめサイトと違って、 自分が見たい情報だけを取得できます。 さらに、フィーダからの各サイトへの問い合わせはそれぞれ独立して行われるため、 利用者がみている内容全体を歪めたり操作したりするアルゴリズムは存在できません。 このため、複数サイト間で個人情報を紐付けされたり、 フィルタ・バブルに閉じ込められたり、 ターゲット広告で行動を誘導されたりする心配がありません。 利用者の自由やプライヴァシを尊重した配信スタイルです。 また、このこと自体が発信サイト側に公正・中立な情報配信を促進するともいわれます。

ざっくばらんに言い直すと、 ワタシはあなたが配信しているものの中からみたいものを好きにみるので、 ちょっと記事読んだからって勝手に変なオススメをしたり、 ストーカみたいなことをしたりしないでください、 と考える人にとって優しい配信の方法ということです。